こんにちは!いらっしゃいませ昆山優恩徳精密金型有限公司,誠心誠意サービスします。
熱線0512-57829781
昆山優恩徳精密金型有限公司
オンライン伝言

昆山優恩徳精密金型有限公司

連絡人:ル衛林
携帯電話:15250189113
電話:0512-57829781
住所:崑山市巴町迎賓西路1601号4号部屋

プレス金型の加工方法

リリース時間:2014-08-22人気:27

プレス金型は、冷プレス加工において、材料(金属または非金属)を部品(または半完成品)に加工する特殊な工芸装置であり、冷プレス金型(いわゆる冷抜き型)と呼ばれています。プレスは、室温でプレス機に取り付けられた金型を利用して材料に圧力をかけ、分離や塑性変形を発生させ、必要な部品の圧力加工方法です。

プレス金型の形が多いです。プレスも仕事の性質、金型の構造、金型材料の三つの面によって分類されます。

工芸の性質によって分類する。

a.パンチ金型は、閉鎖または開放された輪郭線に沿って、材料に分離金型を発生させる。例えば、落下型、穴あけ型、切断型、切欠き型、切端型、切開型などです。

b.曲げ型はスラブまたは他のスラブを直線(屈曲線)に沿って曲げ変形させ、一定の角度と形状のワークの金型を得る。

c.絞り金型は板材の毛玉を開口中空部品にしたり、中空部品をさらに形状と寸法を変えさせたりする金型です。

d.成形金型は、ブランチまたは半完成品のワークを図凸、ダイの形状によって直接複製して成形しますが、材料自体は局部塑性変形の金型のみを発生します。例えば、膨型、縮口型、拡口型、起伏成形型、縁取り型、整形型などです。

e.リベットは外力を借りて参加する部品を一定の順序と方式で連結または連結し、さらに一つの全体を形成します。

工程組合せの度合いに応じて分類する。

a.単工程金型はプレスの一回の行程において、一つのプレス工程の金型しか完成していない。

b.複合型は一つの工程しかなく、プレス機の一回の行程で同じ工程で同時に二つ或いは二つ以上のプレス工程の金型を完成する。

c.段送り型(連続型ともいう)は、ブランチの送り方向に、二つ以上の工程を持っています。プレス機の一回の行程において、異なる工程において、二つ以上のプレス工程の金型を逐次完成します。

d.リレーモードは単一工程のモードと段進型の特徴を総合し、ハンド伝達システムを利用して、製品のモード内の迅速な伝達を実現し、製品の生産効率を大幅に向上させ、製品の生産コストを低減し、材料コストを節約し、品質が安定して信頼できる。

製品の加工方法によって分類する。

製品の加工方法によって、金型を押し抜き金型、曲げ金型、抜き金型、成形金型と圧縮金型などの五つの種類に分けられます。

a.押し抜き金型:せん断作用で仕事を完成したもので、よく使われている形式は切り抜き抜きパンチ、下抜き抜き抜きパンチ、エッジプレス、縁切り型、抜き抜き抜き抜き型と抜き型があります。

b.曲げ型:平らな毛の胚を角度の形に曲げ、部品の形状、精度及び生産量の多寡に応じて、様々な形の金型があります。例えば、普通の曲げ型、カム曲げ型、巻き取り型、円弧曲げ型、折り曲げ型とねじり型などがあります。

c.抜き型:抜き型は平面毛の胚を有底無縫容器にする。

d.成形金型:各種の局部変形の方法で毛胚の形状を変え、その形は凸張成形パンチ、巻縁成形パンチ、首収縮成形パンチ、穴フランジ成形パンチ、円縁成形パンチがある。

e.圧縮金型:強い圧力を利用して、金属の毛胚を流動させて変形させ、必要な形状になります。その種類は押し抜き型、押し抜き型、押し抜き型、端圧プレス型があります。

この文章はどう思いますか?

0 0
ラベル:全部
0512-57829781