こんにちは!いらっしゃいませ昆山優恩徳精密金型有限公司,誠心誠意サービスします。
熱線0512-57829781
昆山優恩徳精密金型有限公司
オンライン伝言

昆山優恩徳精密金型有限公司

連絡人:ル衛林
携帯電話:15250189113
電話:0512-57829781
住所:崑山市巴町迎賓西路1601号4号部屋

プレス金型の発展現状と技術動向

リリース時間:2014-08-22人気:2

改革開放以来、国民経済の急速な発展に伴って、金型に対する市場の需要が増えてきました。金型工業は15%ぐらいの成長速度で急速に発展しています。金型工業企業の全製造分も大きな変化が発生しました。国有専門金型工場以外に、集団、合資、独資、私営も急速に発展しました。浙江省寧波と黄岩地区の「金型の郷」、広東省の大手グループ会社と急速に上昇した郷鎮企業、科龍、美的、康佳などのグループは次々と自分の金型製造センターを設立しました。国際的な統合のペースが加速し、市場競争が激化するにつれて、製品の品質、コスト、新製品の開発能力の重要性がますます認識されてきました。金型製造はチェーン全体の中で最も基本的な要素の一つです。多くの金型企業は技術の進歩に対する投資力を強め、技術の進歩を企業の発展の重要な動力と見なしています。一部の国内金型企業は二次元CADを普及させ、Pro/E、PDX、UG NX、NX Progressvie Die Design、I-DEAS、Euclid-IS、Logopress 3、3 DQuickPress、MoldWorksとTopsolidProgressなどの国際的な汎用ソフトは、個々のメーカーがMoldflow、C-Flow、DYNAFORM、Optris、MAGMASOFTなどのCAEソフトを導入し、プレスモードの設計にも成功しました。

自動車カバー金型に代表される大型プレス金型の製造技術は大きく進歩しました。東風自動車金型工場、一汽金型センターなどの金型メーカーは一部の自動車カバー金型を生産できます。また、多くの研究機関や大学が金型技術の研究と開発を行っています。長年の努力を経て、金型CAD/CAE/CAM技術の面で著しい進歩を遂げました。金型の品質向上と金型設計製造周期の短縮などに貢献しました。

例えば、吉林大学自動車カバー成型技術所が独自に開発した自動車カバープレス成型分析KMASソフトウェア、華中理工大学金型技術国家重点実験室が開発した射出成形金型、自動車カバー金型と等級進型CAD/CAE/CAMソフト、上海交通大学金型CAD国家工程研究センターが開発した冷型と精冲研究センターが開発した冷型と冷型金型CADソフトなどは国内の金型業界で多くのユーザーを持っています。

中国の金型工業は過去十数年間で注目された発展を遂げましたが、多くの面で工業先進国と比べてまだ大きな差があります。例えば、精密加工設備は金型加工設備の中の比重が低いです。CAD/CAE/CAM技術の普及率が高くないです。多くの先進的な金型技術の応用が足りないです。

将来の発展傾向

金型技術の発展は金型製品の「納期が短い」、「精度が高い」、「品質が良い」、「価格が低い」要求サービスに適応するべきです。

(1)CAD/CAM/CAE技術を全面的に展開する

金型CAD/CAM/CAE技術は金型設計製造の発展方向です。マイコンソフトウェアの発展と進歩につれて、CAD/CAM/CAE技術の普及の条件がほぼ成熟し、各企業はCAD/CAM技術の育成と技術サービスの力を強めます。CAE技術の応用範囲をさらに拡大します。コンピュータとネットワークの発展は、CAD/CAM/CAE技術が地域を越えて、企業を超えて、病院を跨いで、業界全体に普及させることを可能にしています。技術資源の再統合を実現し、仮想製造を可能にしています。

(2)高速フライス加工

海外で開発された高速フライス加工は、加工効率を大幅に向上させ、高い表面仕上げを得ることができます。また、高硬度モジュールの加工も可能で、温度上昇が低く、熱変形が小さいなどの利点があります。高速フライス加工技術の発展は、自動車、家電業界における大型キャビティ金型製造に新たな活力を注いでいます。それはすでにより高い敏捷化、インテリジェント化、集積化の方向に発展しています。

(3)金型のスキャン及びデジタル化システム

高速掃引機と金型スキャンシステムは模型や実物のスキャンから加工に期待されるモデルに必要な多くの機能を提供し、金型の製造サイクルを大幅に短縮しました。いくつかの高速スキャンシステムは、既存のNCフライス盤とマシニングセンターに急速にインストールすることができます。高速データの収集、自動的にさまざまなデジタル制御システムの加工プログラム、異なるフォーマットのCADデータを生成し、金型製造業の「逆工程」に使用します。金型スキャンシステムはすでに自動車、オートバイ、家電などの業界で成功的に応用されました。

(4)電気スパークフライス加工

電気スパークフライス加工技術は電気スパーク加工技術とも言われています。これは従来の成型電極で加工されたキャビティに代わる新しい技術です。高速で回転する簡単な管状電極で三次元または二次元の輪郭加工(NCフライスのような)を行うので、複雑な成形電極を作る必要がなくなりました。これは明らかに電気スパーク成形加工分野の大きな発展です。海外ではすでにこの技術を使った工作機械が金型加工に応用されています。この技術は発展する見込みです。

(5)金型の標準化の度合いを高める

中国の金型の標準化の度合いは絶えず高まっています。今の中国の金型標準部品の使用率は30%ぐらいに達しました。海外の先進国は普通80%ぐらいです。

(6)優れた材料及び先進的な表面処理技術

良質の鋼材を選択し、対応する表面処理技術を応用して金型の寿命を向上させる必要があります。金型熱処理と表面処理は金型鋼を十分に発揮することができますか?

この文章はどう思いますか?

0 0
ラベル:全部
0512-57829781