こんにちは!いらっしゃいませ昆山優恩徳精密金型有限公司,誠心誠意サービスします。
熱線0512-57829781
昆山優恩徳精密金型有限公司
オンライン伝言

昆山優恩徳精密金型有限公司

連絡人:ル衛林
携帯電話:15250189113
電話:0512-57829781
住所:崑山市巴町迎賓西路1601号4号部屋

プレス金型の操作のポイント

リリース時間:2016-06-14人気:2

プレス金型のすべての部品が加工された後、組立作業が必要です。組み立てる時は必ず厳格に規範に従い、要求通りに組み立てられていないと、テストモードの時に金型が壊れやすく、取り返しのつかない損失をもたらします。具体的な操作の要点は以下の通りです。

1.プレス金型の組み立てが終わったら、まずその全体の高さを設計要求に適合しているかどうかを測定します。高低があれば、原因を詳しく調べてください。

2導柱とガイドカバーの嵌合隙間は設計要求に適合し、各部位が均一に一致していなければならない。

3.ガイドバーとガイドカバーを上下の凹凸モードに入れた後、その軸心線は凹凸モード端面と垂直で、上下の凹凸モード端面と平行であること。

4.フレームの組み立てが終わったら、上金型ホルダがガイド柱に沿って上下にスライドがスムーズかどうかを観察します。

5.ダイグリップは上金型ホルダに取り付けた後、その軸心線は凸型端面に垂直であり、その誤差は0.05 mmを超えてはいけない。

6.ガイドピンを装着した後、正常な場合はダイホルダの下端面から1-2 mm離れ、Bガイドカバーを選択すると、ダイプレートの上端面から1-2 mm離れているはずです。

7.凹凸モードの間は隙間が均一に一致し、設計要求に適合している。

8.トップとノックアウト装置が正しく組み立てられて、スクラップとプレス部品がプレス金型の内部に挟まれないことを保証します。

9.完全に組み立てられたプレス金型はテストモードでプレスして、突進したプレス部品は要求に適合しています。

この文章はどう思いますか?

0 0
ラベル:全部
0512-57829781